「ん~、知らない人は今まで損してたってこと?」 はい、今まで普通に利用していた人は損してます。今回「無料でさら…

「噂の真相」「現代の眼」など語ろう!

1匿名希望さん2013-03-16 22:04:21

昔あった「噂の真相」「現代の眼」「新雑誌X」など

アングラ?雑誌を語りましょう!

あと岡留安則や丸山実など名物?ジャーナリストも!

13匿名希望さん2013-03-23 05:59:55

「噂の真相」はコンビニでも売っていた。

「現代の眼」は一般書店で売っていたが(左翼系の愛読書?だったらしい)

「新雑誌X」は見た事無いな?何処で売っていたのだろ?

16匿名希望さん2013-03-24 14:11:04

『野村がメディアに顔を売るようになったのは、企画と演出をした人物がいたからであり、

全共闘のスポークスマンだった経歴を持つ、故・丸山実が、極めて大きな影響力を及ぼしていたという。

月刊誌『現代の眼』の編集長を経て独立し、『新雑誌X』を発行していた丸山は、

主催していたマスコミ塾で人材を育て上げた上で、全共闘世代を精力的に売り込んだが、

初期の頃のパトロンは電通だったのである。 』

との書き込み発見。本当ですか?

18匿名希望さん2013-03-25 03:43:25

>>13

「新雑誌X」は普通に本屋に置いてあったよ。ネタもカネも人手も無いの

か明らかに手抜き編集の号も多かった記憶。

(時期にも依るだろうが)確か稿料も払ってなかったんじゃないかなあ。

>>16

そのページにはこうもあるね。

>全共闘世代に詳しい社会部の記者の話では、死ぬ前の丸山実のパト

>ロンは電通ではなく、会津小鉄組の高山登久太郎会長(当時。現在

>は引退)だったそうであり、丸山のタニマチが京都方面だったとしたら、

>丸山や野村は中島と似た足跡を残したことになる。

朝日新聞・中江社長と新右翼・野村秋介の「裏取引」,新聞記者、広告編集、報道通訳、ITインストラクター、音声認識ビジネス、イギリス留学、高校英語教師などをへて、現在、市場リサーチと翻訳が専業です。京都と奈良の県境付近に住んでます。メールは hiro-san★hotmail.com(★を@に直してね!)

確かに末期の「新雑誌X(新雑誌21)」は暴対法批判特集で高山会長が

出てきたり妙な雰囲気だった記憶。

22匿名希望さん2013-03-26 06:48:42

新雑誌Xには過激左翼の太田龍も寄稿してたろ?

25匿名希望さん2013-03-27 05:57:07

>丸山実編集長と一緒に活動していたのが「財界にっぽん」に

よく寄稿している坂口義弘。

「財界にっぽん」で検索すると何で統一協会関係のサイトがヒットするんだ?

28匿名希望さん2013-03-28 07:30:41

丸山実編集長や岡留安則に比べると坂口義弘は

インパクト弱いな。

30匿名希望さん2013-03-28 17:10:54

今や岡留安則も沖縄で隠居生活?だっけ?

31匿名希望さん2013-03-28 19:48:16

>>30

岡留さんはもうとっくに隠居。まあもうトシだしね・・・。

44匿名希望さん2013-04-01 14:46:27

大川隆法著『日蓮聖人の霊言』(善川三朗編、潮文社)だよw

スレチだから幸福の科学スレで勝手に論議しろw

全共闘世代に霊言なぞ受けないよw

59匿名希望さん2013-09-08 01:43:38

西岡のいう「クソ本」って誰の事?

60匿名希望さん2013-09-08 08:01:51

総会屋雑誌は右翼総会屋木島がオーナーの現代の眼だけでないよ

やはり右翼総会屋の原田がオーナーの月刊ペンとかもそうだよ

確かどっちも大物右翼児○先生で繋がっていたんですよね?

マッチポンプ、ゆす○、たか○、恐○のプンプンの世界・・・

61匿名希望さん2013-09-08 14:20:13

え?月刊ペンって創価を攻撃した雑誌

現代の眼は創価を援護した雑誌・・・裏はどうなったんの??

62匿名希望さん2013-09-08 15:59:01

>>61

新右翼「一水会を鼓舞する会」の参加者調べてみ?

あっと驚くからw

63匿名希望さん2013-09-09 03:37:15

>>62

何で新右翼の宴会に右翼、左翼、赤軍過激派、勝共連合、

W教団弁護士、T教会反対代議士など場違いの連中がいるんだ??

しかも創価の広報室幹部までいるし???

65匿名希望さん2013-09-09 11:23:52

>>62

リチャード何とかのガセネタじゃね?

ただ、実際に一水会フォーラムで講演とかしてる人物もいるし

さて、どうなんでしょうね?

64匿名希望さん2013-09-09 08:35:27

>>60

他のサイトより

>松原 『月刊ペン』というのは、もうとっくに廃刊になったが、右翼絡み、総会屋絡

みの3流雑誌だった。どっかを脅したり、因縁をつけては、商売をするという手口

だった。

と云う事は同じ右翼総会屋木島力也がバックの総会屋雑誌現代の眼は?

因みに月刊ペンのオーナー右翼総会屋原田倉治は旧自由党(緒方派)の

人物で児○先生より笹○先生に近いのでは?思いますが?実際どうでしょう?

>>63

世の中の裏は知る人ぞ知る・・・かな?(^O^)

71匿名希望さん2013-10-10 05:26:01

>>65

WMのF見教祖も講演してるみたいだけど?

67匿名希望さん2013-09-26 03:38:33

「噂の真相」は投稿欄が面白かった。

色々居たが印象的だったのは

「『完全自殺マニュアル』は国家の陰謀だ!」って投稿で、

何でも「政府は人口調整の為にこの本を流通させている!」らしいw

69匿名希望さん2013-10-02 07:57:08

>>67

何で噂真の岡留安則は途中で新雑誌Xの丸山実と仲違いしたの?

70匿名希望さん2013-10-09 05:57:19

>>69

よくわかないがお互いの雑誌の編集方針とか主義主張とか色々あったのでしょう。

78匿名希望さん2014-02-04 13:52:06

「財界にっぽん」は、買えますよ。

80匿名希望さん2014-02-17 06:28:48

>>78

統一教会援護記事が載ってた。

87匿名希望さん2015-01-28 11:12:52

俺がもし幕末に生きていたとしたなら、絶対に幕府軍を応援していたって思う。

なぜなら、明治以降から昭和初期にかけては

日本人として最低の歴史だと考えているから

幕府体制は身分制度は厳しかったかも知れないが

人々は貧しくとも清く正しく暮らしていた。

明治以降、開国されたことにより、日本人は

文明開化という歪んだ西洋文化を受け入れ

近隣アジア諸国を侵略するという愚かな人種へと成り下がってしまった…

一般の人には、あまり知られていないが

明治政府は外貨を得るために公娼制度を採用し

多くの日本女性たちを先進国へと売り飛ばした …

(現代の日本で働くフィリピン人のように…)

この時代の天皇家、三菱、福澤諭吉sの正体は

完全に理性と日本人の美徳を亡くした、狂人といった様だった …

知らないほうが、幸せだと思うが

事実を受け止める強さも必要 …

一部の権力者の誤った思想の暴走が、国民の生命と生活と安全を

破壊してしまうということを忘れてはいけない …

89匿名希望さん2015-07-27 11:55:51

>>87

rk信者

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする