「ん~、知らない人は今まで損してたってこと?」 はい、今まで普通に利用していた人は損してます。今回「無料でさら…

微分音音楽の先駆者とその後継者達

1k.n. ◆MG64yE6TCE 2005-09-24 02:35:42

一応建てます。

61Mimikamoerer ◆MG64yE6TCE 2006-04-23 00:48:38

>1/6が困る。

その程度なら困らんよ

27分74秒2005-09-24 03:23:48

2get

先駆者てHabaとかWyschnegradskyあたりのこと?Ivesもか?

37分74秒2005-09-24 03:37:44

微分音程の行き着いた先は純正律でおk?

4k.n. ◆MG64yE6TCE 2005-09-24 04:50:42

>>2 フリアン・カリジョ以降は皆OK!

>>3 違う

77分74秒2005-09-24 07:13:40

>>4

てことはこのスレ、パーチはだめなわけだ

107分74秒2005-09-24 14:39:30

このジャンル、前から興味があったんだけど、

全然聴いたことがないから、お勧めの曲、作曲家、CD教えて?

137分74秒2005-09-24 17:17:47

>>10

とりあえず Wyschnegradsky。

24 Preludes Op.22

col legno WWE20206 又は Fontec FOCD3216

四分音ピアノによる小曲の集合。各曲1〜5分と短いので飽きずに聞き通せると思う。

とにかく聞いとけ。俺はここから微分音音楽にハマった。

Deux chants sur Nietzsche Op.9

2E2M 1001

バスバリトン独唱と四分音ピアノのための作品。息苦しくなるほどテンションが高い。

117分74秒2005-09-24 15:52:34

微分音って基準は平均律なの?

227分74秒2005-09-26 14:11:25

>>13

レスありがとう!

取り合えず、24 Preludes Op.22 聴いてみます。

勝手なイメージなのですが、機能和声の拡張(拡大、発達)に微音を使った音楽。

そういう感じできれいな音楽ってないんでしょうか?

例えば、「ラヴェルが微音を使ったら」みたいな・・

26( ☆´ー) ◆PpNattILVM 2005-09-28 01:27:03

24音の世界では、長三和音と短三和音の中間ができる

(ドミ♭↑ソ/ドミ↓ソ)んだけど、何ていう和音?

微分音について書かれたものはいくつか見てきたけど、

1/4音を用いた三和音の呼び方を記述したものを、いまだに

見たことがない。

27k.n. ◆MG64yE6TCE 2005-09-28 03:08:12

>>26 中全音程の組み合わせなので、中三和音。

>1/4音を用いた三和音の呼び方を記述したもの

ハーバの教科書にはある程度書いてあるよ。

307分74秒2005-09-28 10:53:45

あ、誤植だったんだ。orz

レス感謝です。

317分74秒2005-09-28 12:25:54

カリーリョのCDって出てまつか?

32k.n. ◆MG64yE6TCE 2005-09-28 14:51:35

>>30 しかし、31音音階は30音の誤りではない。(エンハーモニクス云々)

>>31 LPのみ

407分74秒2005-11-27 18:14:11

>>31

ソニー再発売してくれんかな

Julian Carrillo: Musica de Julian Carrillo. Contains “Sinfonia No. 1 en Re Mayor”,

“Preludio a Colon”, “Horizontes”, “Sexteto para Cuerdas”, “Meditacion”,

“En Secreto” and “Balbuceos”. Recorded in Paris between 1961 and 1965.

Orchestre des Concerts Lamoureux, cond. Julian Carrillo.

Sony Music Entertaiment de Mexico, 1997. Double CD, CDEC2 486131

387分74秒2005-10-23 02:25:11

このスレはレヴェルが高いな(クラ板住人でつ)。

427分74秒2005-12-03 13:33:58

先駆者って何?

素直にアジアの伝統芸術音楽聴けばいいんじゃないの?

537分74秒2006-04-22 16:51:06

すぐ上にその点についてのやりとりがあるのだが>>42-43

46Maimoerer(プリキュア) ◆MG64yE6TCE 2006-02-18 08:37:22

やたーーーーーーーーーーーーーーー!

Our mission is to record the music of American composers that would not otherwise be represented in the catalogues of the commercial recording companies.

48 ◆30rKs56MaE 2006-02-18 08:57:56

>>46

あれ、あなた今日は出立の日では?飛行機は午後からなのか。

CD情報については㌧クス。

49Maimoerer(プリキュア) ◆MG64yE6TCE 2006-02-18 09:52:25

>>48 十九日名古屋出発、10時間(某)で待ちぼうけ。二十日現地t時間アムス到着、ギガントで待ち合わせ、二十一日からスタート

ケプラーカルテットも凄いね。難しいのから手をつけるとは流石だ。

56小田諭 ◆eOwhT.MPqI 2006-04-23 00:07:27

原田敬子のオケ曲の記号解説でも矢印の臨時記号は「おおよそ」となっている。

アンサンブルの問題が生じるが,もしユニゾンの必要性が出たら「〜に合わせよ」と注釈をつける

59小田諭 ◆eOwhT.MPqI 2006-04-23 00:27:26

>>56

実際微分音が演奏できる楽器でやってみると,1/4の1/6はまったく違うと感じるから。

やってみればわかる。

577分74秒2006-04-23 00:22:57

6分の一音なんて聴いてわかるものではない

いたずらに奏者を困惑させるだけ。

60小田諭 ◆eOwhT.MPqI 2006-04-23 00:33:06

>>59

の56は>>57の間違い。

実際半音程ってこんなに広かったのかと実感するから微分音を試してみたらわかるよ。

アルトーがわざわざ注意書きしたのもそのジレンマに悩んだ結果だと思われる。

697分74秒2006-04-23 07:28:22

音を視る/音を聴く

817分74秒2006-12-21 13:43:46

エストラダは微分音程と積分音程を区別しているけど

ほとんどの作曲家は

「平均律」か「平均律からそれた音律」

でしか聞き分けないので

あまり関係があるとはいえない。微分方程式使って算出しているわけじゃないし。

947分74秒2007-05-27 21:22:26

日本楽器や西洋の外の楽器は西洋の基準とヘルツ数が違うから、西洋の楽器とは正確に合わない場合がある。

そういう曲を作るときってどうしてるんだろう。

西洋の管楽器も温度によってチューニングが微妙に変わってしまう。

967分74秒2007-06-19 13:35:50

>>94 の続きだけど

和楽器の中にはチューニングが不可能なものもあるでしょう。

西洋の楽器とそういう和楽器を合奏させる場合、どう合わせる?

もう別の世界のものが同じ場所に存在するというコンセプトととして、拘らないのだろうか。

小節線も無くて、黒音符で他の楽器とのタイミングがある程度自由とかいう場合はいいけど、

和声的に合一させたい瞬間とか、ユニゾンしなきゃいけない・させたい場合ってあるでしょ。

教えて和楽器マニヤ。

997分74秒2007-07-09 02:08:27

レヴィナスの弦楽四重奏第1番の最初の音はどうやって出してるの?

ノイズ音みたいなのが加わってるし、どう聞いても4つ以上音が出て来るんだが

どう聞いてもダブルストップで弾ける様には思えない。

あれどうやってるの?

1057分74秒2007-09-21 01:40:06

>>99

実音のハーモニクスの重音で弓で圧力かけるとか、こまの上を弾くとかスパッツォラーレとか複数考えられるね。

1067分74秒2007-10-23 10:21:44

>>105

適当なこというなブタ

120電脳プリオン 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(4+0:5) 【35.2m】 2013-02-10 19:44:06

微分音楽って何よ?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする