「ん~、知らない人は今まで損してたってこと?」 はい、今まで普通に利用していた人は損してます。今回「無料でさら…

【化学生物学】胎児期にダウン症改善 化合物「アルジャーノン」発見 マウス実験で学習能力が向上 京大[09/05]

1朝一から閉店までφ ★@無断転載は禁止2017-09-05 14:37:21

2017.9.5 07:25

(1/2ページ)

アルジャーノンの作用

ダウン症の子を妊娠したマウスに投与すると、生まれた子の脳の構造が変化して学習能力が向上する化合物を発見したと、京都大の萩原正敏教授(化学生物学)らのグループが、…

ダウン症の子を妊娠したマウスに投与すると、生まれた子の脳の構造が変化して学習能力が向上する化合物を発見したと、京都大の萩原正敏教授(化学生物学)

らのグループが、5日付の米科学アカデミー紀要電子版に発表した。化合物の作用で神経細胞の増殖が促され、ダウン症の症状が改善されるという。

将来、出生前診断をした人の胎児を対象とした薬剤の開発につながる可能性がある。ただ、人の胎児で臨床研究を行うことの是非など、早期の実現には倫理面で課題がある。

ダウン症は21番染色体が1本多い3本になることで起き、発達の遅れや、心臓疾患などの合併症を伴うこともある。グループは、神経の元になる細胞

(神経前駆細胞)が増えないことがダウン症の原因の一つと考え、717種類の化合物をふるい分けし、神経幹細胞が前駆細胞を増殖するのを促進する化合物を発見。「アルジャーノン」と名付けた。

ダウン症の子を妊娠したマウスに1日1回、経口投与すると、胎児の前駆細胞が増えるなど、投与しなかったダウン症の子とは脳の構造が異なった。

迷路を使った実験で学習能力を比較した結果、投与したマウスの方が好成績で、正常なマウスとも変わらなかった。

グループは、ダウン症患者から作製した人工多能性幹細胞(iPS細胞)でも効果を確認。脳神経が関係するアルツハイマー病や鬱病、パーキンソン病などにも役立てたいとして…

続きを読む

©2017 The Sankei Shimbun & SANKEI DIGITAL All rights reserved.

37名無しのひみつ@無断転載は禁止2017-09-05 15:58:17

>>1

フラワーズ フォー

139名無しのひみつ@無断転載は禁止2017-09-08 20:30:07

>>1

ダウン引きはがし効果か

格ゲーに同じ名前のシステムがあったなw

175名無しのひみつ2017-10-12 22:32:34

>>1

>アフジャーノン

アルジャーノンの末路を知らないわけでもないだろうに、なぜよりによってその名称にするのか。

2名無しのひみつ@無断転載は禁止2017-09-05 14:38:16

花束を

53在日米国民@無断転載は禁止2017-09-05 17:02:20

>>2で終了

5名無しのひみつ@無断転載は禁止2017-09-05 14:47:15

ボルジャーノンじゃないのか

23名無しのひみつ@無断転載は禁止2017-09-05 15:25:35

>>5

ザクだな

32名無しのひみつ@無断転載は禁止2017-09-05 15:41:27

>>5

黒歴史はちょっと

10名無しのひみつ@無断転載は禁止2017-09-05 14:58:23

検査反対してるような人達はこういう研究も差別的って文句言うのかな?

治療できるならその方が確実に良いよね

12名無しのひみつ@無断転載は禁止2017-09-05 14:59:45

>>10

頭よくなったら

天使ちゃんじゃなくなるから…

57名無しのひみつ@無断転載は禁止2017-09-05 17:09:18

>>10

検査が堕胎を促進する考え方になってしまうことは変わらんからなあ

11名無しのひみつ@無断転載は禁止2017-09-05 14:59:25

公立中学校の夏休みの数学の宿題で、ラマヌジャンレベルの

成果がどんどん出てくれば面白いじゃないか。

54名無しのひみつ@無断転載は禁止2017-09-05 17:06:08

さんざん書かれてるけど、俺も一瞬で「ダメだろ!」と思ったわ。

69名無しのひみつ@無断転載は禁止2017-09-05 18:10:57

>>57

あらゆる人間を生かし続けたらマンアフターマンの「ハイテック」にまで行きつくのかねぇ

あれは全人類に生命維持装置が必要なところまで遺伝子プールの劣化が進行してたが

75名無しのひみつ@無断転載は禁止2017-09-05 18:22:34

>>69

人為的に殺すのと生かし続けるのとでは話が別だし、生殖とその後に異常遺伝子が引き継がれる確率で考えたらこの件とは話が変わるな

でもその小説?は知らなかった 

81名無しのひみつ@無断転載は禁止2017-09-05 19:16:05

>>75

個人的には自力での生存能力が低い個体をどうするかという話だと認識してるから

中絶も記事の薬品も同じ括りだな

マンアフターマンは小説というかイラストに解説がついた啓蒙書みたいなものだな

実物は図書館でも行かないと見られないだろうが内容画像検索とwikiで大体わかるよ

93名無しのひみつ@無断転載は禁止2017-09-05 20:32:54

>>81

遺伝子プールの劣化はこの問題の範囲では結局無関係では?と思ったんだ

生かし続けたからと言ってその遺伝子プールに悪影響を及ぼす存在になるわけではないでしょ?って

もしかしたら俺がその遺伝子プールの話を知らないから誤解して受け取ってるのかもね

見てみるよ

149名無しのひみつ@無断転載は禁止2017-09-10 01:32:08

>>81

アフターマン、平行植物、鼻行類

これは持ってるわ

82名無しのひみつ@無断転載は禁止2017-09-05 19:16:11

日本人だと思った

85名無しのひみつ@無断転載は禁止2017-09-05 19:46:47

アルジャーノンに花束をは

ダウン病ではなく自閉症ではなかった?

90名無しのひみつ@無断転載は禁止2017-09-05 20:12:15

>>85

「アルジャーノンに花束を」のチャーリー・ゴードンは知的障害者だよ

95名無しのひみつ@無断転載は禁止2017-09-05 20:45:54

>>90

フェニルケトン症

158名無しのひみつ@無断転載は禁止2017-09-12 19:19:27

>>93

人間がゲノム編集の能力を得た時点で遺伝子プールも何も

自然選択という現象自体無意味になっちゃうので

今までの生命の歴史からの線形な推測は不可能だろう

今後人類の進化(という名の自己ゲノム編集)は数百万年分を一世代で進むような

非線形のステージに突入したと思う

112名無しのひみつ@無断転載は禁止2017-09-06 07:47:06

「レナードの朝」っていう映画もあったな。眠り続けるだけの嗜眠性脳炎の患者が

筋ジストロフィー向けの試薬で目覚めてしまう。患者たちは生きてる幸福を噛みしめるが

やがて耐性により薬の効果が薄れてくる。それとともにものすごく攻撃的で怒りっぽい

人格に変化してしまう。その後薬の効果は全く無くなり、患者たちは眠ったままの状態に戻る、

という映画。実話をもとにしたものだ。

ダウン症患者は平和的で穏やかだが、脳細胞の増殖によってこの特質が無くなったら

怖いな。攻撃的で無慈悲。カリアゲ君みたいなのは困る。

114名無しのひみつ@無断転載は禁止2017-09-06 07:51:06

>>112

ダウンの人らは平和でも穏やかでも無いぞ?

言ってしまうと無機的生命体みたいな感じ

115名無しのひみつ@無断転載は禁止2017-09-06 08:46:47

>>114

程度によるよ。

見た目はダウンでも知的障がいの無い人だっているでしょ。

119名無しのひみつ@無断転載は禁止2017-09-06 11:31:06

>>117

代わりに答えてくれてありがと

144名無しのひみつ@無断転載は禁止2017-09-09 18:52:47

発見というのが分からない。昔からよく知られた病気だろ

150名無しのひみつ@無断転載は禁止2017-09-10 23:20:42

>>144

文盲レベルだから2chしないほうがいいよ

日常で困らないならリアルに生きてくれ

151名無しのひみつ@無断転載は禁止2017-09-11 00:47:23

>>150

紀元前の絵や彫刻にダウン症のものがある

デイヴィット・ライトが書いたダウン症の歴史では1600年代から記述がある

人類史における発見がダウン氏とするのは妥当じゃない

完全に人種的偏見と科学的ではない記述で妥当性に欠けるからだ

21番染色体がトリソミーを形成していることを発見したジェローム・ルジューヌ氏のほうが妥当

ダウン氏は間違った症例報告しただけだよ

で、ねらー歴の長い俺に対して不躾な野郎だな、おまえは

159名無しのひみつ@無断転載は禁止2017-09-12 20:01:42

ゲノム編集持つ前から、飼育動植物の遺伝子プール改変しまくりだな。

160名無しのひみつ@無断転載は禁止2017-09-12 20:07:07

>>159

品種改良は結構時間かかるからな

あと遺伝病を取り除くのは無理だしな

中国がヒトゲノム編集やり始めたらデザイナーチャイルドまでひとっ飛びだろう

170名無しのひみつ2017-10-11 21:36:23

あるのか ないのか

はっきりせい。