「ん~、知らない人は今まで損してたってこと?」 はい、今まで普通に利用していた人は損してます。今回「無料でさら…

日本弁護士連合会「美容医療の被害は増大の一途」

1傍聴席@名無しさんでいっぱい2014-09-02 07:30:51

美容医療・エステにおける表示・広告の在り方及び安全性確保に関する意見書

(平成25年12月)

日本弁護士連合会

http://www.nichibenren.or.jp/library/ja/opinion/report/data/2013/opinion_131219_3.pdf

「・・・かねてから全国の消費生活センター等に対して非常に多数の被害報告が寄せられ,

かつ被害件数は毎年増大の一途を辿っている。」

5傍聴席@名無しさんでいっぱい2014-09-02 22:56:28

>>1

本件は傲慢で強欲な経営法曹である、第一芙蓉法律事務所の木下潮音弁護士が、企業の利益を

優先させ、人を減らし手を抜かせた結果、不良なサービスが横行して金銭崇拝主義になったり安全が

骨抜きにされた結果として被害が著しく大きくなった。

9傍聴席@名無しさんでいっぱい2014-09-05 01:15:24

>>5-8

そうそう、そうやって人の心につけこんで拝金主義な経営を打って出るのが、木下潮音

のやりかた。拝金主義だから金を優先、人の心なんてまるで関係ない。むしろ心を折ると

言っている。被害者はどしどし弁護士会に懲戒請求を出して訴えを木下潮音個人と、

管理監督責任として第一芙蓉法律事務所の両方にすべし。

10傍聴席@名無しさんでいっぱい2014-09-05 07:59:57

高額美容医療に関する意見書

(平成23年12月12日 第二東京弁護士会)

https://niben.jp/info/opinion20111214.pdf

20傍聴席@名無しさんでいっぱい2014-09-09 22:49:25

>>10-19

そうそう、いずれも第一芙蓉法律事務所の木下潮音が陰で糸をひいている。

要注意だ。どんどん晒すべし。そして木下潮音に懲戒請求、第一芙蓉法律事務所に

損害賠償をしていくべし。

11傍聴席@名無しさんでいっぱい2014-09-05 13:04:34

美容整形で実際の施術後の状態がイメージ写真と全く異なる場合、補償してもらえますか。

http://www.kclc.or.jp/medical-legal/public/files/TC/chie32_yabumoto.pdf

21傍聴席@名無しさんでいっぱい2014-09-10 18:28:47

「プロテーゼが斜めに入ってしまった症例写真」

「L型プロテーゼで鼻の先の軟骨部分が凹んだ症例写真」

美容整形で失敗したらどうしよう!!!美容整形で失敗はあります!これが…案外簡単な手術で失敗があるんです。これ…わかりますか???プロテーゼが斜めに入ってるのが…

24傍聴席@名無しさんでいっぱい2014-09-11 11:35:46

美容整形の失敗を苦に自殺した患者の遺族が提訴

法化社会の1つの姿です 岡山地裁2011/1/19です。…

25傍聴席@名無しさんでいっぱい2014-09-12 00:14:51

/)

///)

/,.=゛””/

/     i f ,.r='”-‐’つ____   久しぶりだな!!

/      /   _,.-‐’‾/⌒  ⌒\

/   ,i   ,二ニ⊃( ●). (●)\

/    ノ    il゛フ::::::⌒(__人__)⌒::::: \

,イ「ト、  ,!,!|     |r┬-|     |

/ iトヾヽ_/ィ”\      `ー’´     /

/)

///)

/,.=゛””/

/     i f ,.r='”-‐’つ____   こまけぇこたぁいいんだよ!!

/      /   _,.-‐’‾/⌒  ⌒\

/   ,i   ,二ニ⊃( ●). (●)\

/    ノ    il゛フ::::::⌒(__人__)⌒::::: \

,イ「ト、  ,!,!|     |r┬-|     |

/ iトヾヽ_/ィ”\      `ー’´     /

/)

///)

/,.=゛””/

/     i f ,.r='”-‐’つ____   オレも今日はすんごく暇なんだよ!!

/      /   _,.-‐’‾/⌒  ⌒\

/   ,i   ,二ニ⊃( ●). (●)\

/    ノ    il゛フ::::::⌒(__人__)⌒::::: \

,イ「ト、  ,!,!|     |r┬-|     |

/ iトヾヽ_/ィ”\      `ー’´     /

26傍聴席@名無しさんでいっぱい2014-09-13 00:20:34

過去の医療過誤・医療事故の裁判事例 美容整形 東京地判平成15年11月28日判決 被告クリニックの診療録と搬送先病院の診療録が全く異なっており,被告クリニックの診療録の記載がねつ造であると認められ,又,豊胸手術中の麻酔管埋に過失が認められたケース

豊胸手術後に,震え,筋強直,40度以上の体温上昇等が生じた。

結果、低酸素脳症による重度の障害が残り,植物状態になった。

クリニックの診療録の記載がねつ造であると認められた。

豊胸手術中の麻酔管埋に過失が認められた。

請求金額合計1億7881万8042円

一部認容(認容額合計1億7051万8042円)

29傍聴席@名無しさんでいっぱい2014-09-14 00:10:58

>>21-24 >>26-28

そうそう、とくに>>24みたいな例は木下潮音の18番

>>25

30傍聴席@名無しさんでいっぱい2014-09-16 07:49:16

助けてください。レーシック手術後、自殺願望でいっぱいです。

助けてください!レーシック手術後、自殺願望でいっぱいです。助けてください。20歳の大学生です。先日まで、ごく普通の大学生として、毎日楽しく暮らしていました。それが、7月に受けたレーシック手術(近視矯正手術)を受けてから、自殺したいほどに精神も肉体もおかしくなってしまいました。精神病ではありません。精神がおかしくなってし...

37傍聴席@名無しさんでいっぱい2014-09-27 23:00:23

>>30-36

第一芙蓉法律事務所の木下潮音が、美容業界や医師会に悪質な入れ知恵を続けている。

その結果、利益優先となり、人が傷ついたり死んだりしている。

とても深刻な問題だ。

41傍聴席@名無しさんでいっぱい2014-10-10 23:51:16

医療事故の法律相談を初回無料にします!(医療問題弁護団)

医療被害の救済、医療事故再発防止、患者の権利確立、安全で良質な医療の確立などを目的として1977年に設立されました

46傍聴席@名無しさんでいっぱい2014-10-21 00:18:33

>>41−45

これらの原因はいずれも、傲慢で強欲な経営法曹である、第一芙蓉法律事務所の木下潮音弁護士が、企業の利益を

優先させ、人を減らし手を抜かせた結果、不良なサービスが横行して金銭崇拝主義になったり安全が

骨抜きにされた結果として被害が著しく大きくなった。

木下潮音ほど悪辣で下衆な人間はどこにもいない。

55傍聴席@名無しさんでいっぱい2014-12-13 00:09:43

ボトックスの失敗体験談

ボトックスの効果について二ヶ月前に、おでこ額に軽く三ヶ所と、両方のエラに、通常の二倍の量のボトックス(ボツリヌストキシン)を注射しました。額のほうは、最初一週間目ごろから、目が垂れ始め、にらんだような顔つきになりひどい目にあいました。医者に相談に行ったら、一ヶ月で効果が切れるから、、と言われましたが、にらんだような顔は...

75傍聴席@名無しさんでいっぱい2015-02-18 09:17:49

女性には精神的苦痛となる顔面の大きな傷や、後遺症に悩まされるなど、金銭

では埋められない失敗事例も増加している。」

整形前後の比較写真を宣伝広告に使うことが禁止された。(韓国)

78傍聴席@名無しさんでいっぱい2015-02-20 00:06:33

>>75-77

いずれのものも木下潮音をはじめとする下衆で野卑の極みにあるような経営法曹

が企業の利益を優先した結果だ。

とても士業の行為とはいえないレベルのものだ。

81傍聴席@名無しさんでいっぱい2015-02-23 23:51:12

「腋臭・多汗症の美容整形手術を受けた患者の手術部に瘢痕が残存。開業医の説明義務違反を認め、賠償を命じた地裁判決」

東京地方裁判所平成7年7月28日判決判例時報1551号100頁

(争点)術後管理にY医師の過失があったか、Y医師に説明義務違反はあったか

82傍聴席@名無しさんでいっぱい2015-02-25 09:02:32

消費者庁からの注意喚起

http://www.caa.go.jp/safety/pdf/130416kouhyou_2.pdf

生命・身体に影響がある危害関連の相談件数は年々増加しています。

■ホームページや広告等の情報をうのみにしていませんか。

■医療機関に行く前に、受けたい施術や医療機関の情報をきちんと確認しましたか。

■施術を決める前に、リスクや施術効果についての説明を求めましたか。

■その施術、本当に必要ですか。

83傍聴席@名無しさんでいっぱい2015-02-26 01:03:36

【豊胸手術で植物状態に。クリニックはカルテ改ざん】

過去の医療過誤・医療事故の裁判事例 美容整形 東京地判平成15年11月28日判決 被告クリニックの診療録と搬送先病院の診療録が全く異なっており,被告クリニックの診療録の記載がねつ造であると認められ,又,豊胸手術中の麻酔管埋に過失が認められたケース

豊胸手術後に,震え,筋強直,40度以上の体温上昇。

低酸素脳症による重度の障害が残り,植物状態になった。

美容外科クリニックは診療記録のねつ造も行っていたという典型的な事案。